三章のみどころ(システム編)

三章のみどころ(システム編)

今月のコミティアでリリースした板越怪奇伝〜第三章〜の
内容をさらに詳しくご紹介!のコーナー第2弾

前章から遊びやすさやイタコ感を20%増量(当社比)
ざっくり違いを挙げるとこんな感じ。

(1)サブストーリー(地霊のエピソード)の追加

前章までは「たまたま出会った霊を憑依する」感があったのですが
今回は地霊たちの生前のストーリーを織り交ぜつつ
好きな方の霊を選べるスタイルにしてみました

(2)憑依した霊によってステータス画面が変わる

メニュー画面で憑依中の主人公のグラフィックが変わるようになりました

(3)キャラ固有装備

お供キャラ限定の消費アイテムを追加してみました。
怜魔の職業が占い師なのでタロットカード。
忍者の手裏剣的なイメージです。

(4)レベルアップ時に体力全回復
サガシリーズのバトルが好きなので今回追加してみました。
ただ、かなり大味になった感も否めないような…笑

(5)謎解きの進度によってボス戦でのセリフが変化
これは「たまき」ルートのみなんですが、
彼女が亡くなった原因を発見すると見ることができます

あとはクリア時間を考慮して仲間の技取得タイミングを
かなり早めに設定したのでサクサクというよりザックザクと
だいぶGABAいレベルデザインになってしまった気もしたりします…

—–

プレイヤーさんの大事な時間をせっかく割いてもらってるので
バトルで爽快感が出せればなぁと思ったのですが
武器で2連射できるものなんかもあって、シリーズ屈指の強肩イタコになってます
憑依する霊によっては刀装備なんかもできるので、いろいろ試してみてみると吉
個人的には怜魔の水晶(物理)がおすすめです


同梱の取説あらすじページより抜粋
片手で水晶掴める握力ぱねぇっす

憑依した霊によってグラが変わるっていうのは
コンセプト的にやってみたかったんですよね
内容的にも2章まではなんかよくわからないまま霊を憑依していた主人公が
「どうして地霊がここにいるのか」という謎の解決をする、的な
ようやくイタコである強みみたいなことを出せるようになった気もします

あと、ちらほらリクエストをいただいていた通販も只今準備中です。
最終章の第4章は今冬ごろリリース予定ですので、
完結までもうしばしお待ちいただけると幸いです。

で、その前に1本ほど短編アドベンチャーゲームを作ろうかと画策しておりまして
こちらは秋頃リリース目標で、体験版も早ければ夏には頒布したい所存
続報をお楽しみに^^